これから先細っていく一方です。


ブログでも音楽大学の財務ランキングを取り扱ったが、日本の音大はかなり微妙。


220724-1
教育活動収支が赤字でも経常収支が黒字になっている武蔵野音大、エリザベト音大は配当益によるもの。投資活動をしっかりやってきた結果ですね。

ブログでも取り上げていますが、学部収容定員充足率の3か年平均が100%を超えている大学、3つしかないんです(ブログ執筆時点)。あとは全て定員割れ。恐ろしいでしょう。
少子化かつ上位大学が定員増やしていますし、状況はこれからも悪くなるでしょうね。
そもそも、日本の経済全体が縮小している中、音楽業界自体も厳しくなるでしょうし、音大に進学するなんてよほどの金持ちしか無理でしょうね。

個人的には、音大含め芸大・美大は原則公立するのが望ましいかと思います。それじゃないとやっていけない。今、BF限界大学を各自治体で公立化するのが流行っていますが、どうせやるなら音大美大とか、公共性のあるものにした方が日本にとって良いと思うんですよね。
徳山大学しかり、どこにでもあるような学部を持つ大学が経営成り立たなくなって、中途半端に公立化して存続させても意味ないと思うんですよ。

まあ上野学園しかり、これから音楽大学はゆるやかに統廃合していくのでしょうが、その地域から音楽大学が消えるっていうのも悲しいですね。

これが官民錬金術ファンドじゃい!




名前からしてもうヤバそうな官民ファンドが、統廃合する見込みだそうだ。


クールジャパン機構の設立は2013年。官民ファンドと自称しているが、財務大臣が8割もの株をもつ、実質政府系企業だ。出資金のほとんどが政府のものですし、その後の追加出資もほとんど政府から出ています。

さて、このクールジャパン機構。一体どれだけの赤字を垂れ流していたのか見ていこう。
発足してから現在までの、営業利益と経常利益を見ていく。
220621-2

赤字じゃない年がねえじゃねえか!

個人的に特筆すべき点は、これだけ赤字を出し続けていても役員報酬を変えない心の強さ。2020年度時点の役員報酬は約平均1,000万円だ。
220621-1
この有様で1,000万円受け取るなんて、普通の感覚でいったら恥ずかしくてとてもじゃないけどできない。
委員長の河村氏が68歳。他の取締役もググっても出てきませんが、おそらく老人でしょう。こんな人たちが、まじめに日本の将来考えると思います?

なぜこれだけの赤字でも組織が存続できるかというと、財務大臣からの追加出資があるからです。
220621-3
断続的に2~300億円の追加出資。そりゃ余裕ですわな。
クールジャパン機構の株主内訳は、9割が財務大臣。その他企業は、電通や博報堂、フジメディアHD等といった「あ、察し...」という企業ばかり。
220621-4
そもそも、この取締役たちは何をやっているのか?首相動向のように、1日のスケジュールが晒せるだろうか?まあ無理だろう。

ちなみに、事業報告書には取締役の主な活動状況も載っている。


例えば河村氏。
「社外取締役である同氏には、企業会計及 び財政制度に対する豊富な知見に基づく適切な助言を期待しており、同氏は、当事業年度開催の取締役会(書面決議を 含む。以下同じ。)12回全て、海外需要開 拓委員会(書面決議を含む。以下同じ。) 14回全てに出席し、企業会計、財政制度 等の審議委員の経験を活かし、社外の立 場から発言されております。」

豊富な知見を活かして大赤字決算www

これ見て思ったのですが、れら取締役、非常勤なのだろうか。非常勤でこの給料は、泥棒どころの話ではないですよ。

また、財務報告もかなりお粗末。詳細な科目を示していない。実質政府系企業なのだから、そこまで開示する義務はあるだろう。人件費は?委託費は?一体何をやっている団体なのだろうか。

今までの累積赤字は200億円くらいだろうか。いやあ税金で運営する団体は気楽で良いですな。

クールジャパン機構の正式名称は「海外需要開拓支援機構」。海外の需要を開拓する前に、国内の税金を食いつぶして終わりを迎えようとしている。


ジャパン・ブランドの創造 早稲田大学ビジネススク-ル講義録 /同友館/長沢伸也
by カエレバ


これが定員割れ大学の末路じゃい!!


ワイがブログ始めたキッカケでもあるspee氏がバズってたので取り上げてみる。



どうやら神奈川歯科大学の大学院で総合医療講座を開くようだが、その内容が中々香ばしい。



まず、出願資格として


次のいずれかに該当する者
  • 日本国の国家資格を有する以下の医療・介護・福祉従事者であり、かつ、臨床経験を有する者。 医師、歯科医師、獣医師、看護師、保健師、助産師、薬剤師、臨床検査技師、管理栄養士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士、介護福祉士、歯科衛生士、精神保健福祉士、救急救命士、社会福祉士、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師、 公認心理師。 
  • 外国での公的な資格(上記のいずれかに相当する外国での公的な資格)を有し、かつ、臨床経験を有する者。 
  • その他、本講座が認める者。

とあり、まあ、誰でも良いのだろう。

驚きなのが受講料。


「学費」として年間200万円

2年間通うことになっているみたいなので、合計400万円だ。

気になるのは「学費」という表記。学費として取り扱い、非課税の売り上げとして計上しようとしているのか。


それほどの学費を徴収する講座、きっとすごいに違いない。カリキュラムを見てみよう。

統合医療総論
東洋医学
幸せの統合医療
漢方医学と漢方薬
ヨーガ
カイロプラクティック
オステオパシー
メディカルハーブ
食事療法・食養生
サプリメント・機能性食品
放射線ホルミシス

等々・・・


なんかヤベェな

っていうか幸せの統合医療て。
まあ私は門外漢なので滅多な事いえないが、これ、大学院じゃダメなのだろうか。なんで講座?

神奈川歯科大学の公式HPによると、この講座を受講することで「履修証明書」が発行されるようだ。その名のとおり大学で学んだ事を証明する紙切れだ。本当にそれだけである。

400万円もあったら大学院行く方が良いですよ。


しかし神奈川歯科大学ってこんなことせざるを得ないくらい、財務がよろしくないのか、探ってみた。

まずは収支。
220618-1
収支はギリギリ。正直言って微妙ですね。恐らくですが、2021年度決算は赤字なのではないでしょうか。医療収入が芳しくない様子。これからの施設設備投資のことも考えると、経常収支差額比率の黒字は5%ほしいところ。医療系はお金かかりますからね。
220618-2
無借金なのですが、運用資産が5年前と比較し34%も減少しています。何か手だてを打たないと、これからも減少し続けていくでしょう。歯科大学自体、全体的に厳しい状態ですから。

定員の充足率も96%と微妙。うち、120名が外国人留学生なのもなかなかヤバイ大学要素を持ち合わせている。
入学者の数も段々と減っており、2022年度入学は遂に100名を切った。学納金収入はその後6年間の学費にかかってくるため、入学定員割れは、かなり財務に効いてくる。
220618-3
これら要素を総合的に勘案して、新たな収入源を見つけるというのは、まあ自然な流れだと思います。
しかし、あんな講座受ける人いるか?いたらぜひレポートしてほしいものだ。

関連記事↓




東京医科歯科大学を首席卒業した名医が教える世界の一流はなぜ歯に気をつかうのか 科学的に正しい歯のケア方法 /ダイヤモンド社/森下真紀
by カエレバ

↑このページのトップヘ