理由は学納金の大幅減少!210704-01
教育活動収支は赤字続きであったが同大学だが、2019年度より赤字転落。2020年度決算は約10億円もの赤字を出してしまった。
理由は学納金収入の大幅減少。81億円あった学納金収入は、61億円までに減少。留学生の不適切な受け入れ・管理による学部研究生受け入れ停止処分が大きく影響していると思われる。



資金収支上の赤字(どのくらいキャッシュが減ったか)は▲4億円。これにより運用資産等は下記のとおりとなった。
210704-02
運用資産は右肩下がりだ。一時期は50億円近くあった運用資産も、今では20億円までに減少。借入金も高止まりしたままだ。
この大学が凄いところは、通常こういった経常収入の大幅な落ち込みがあった場合、人件費比率が一時的に大幅増加するのだが、人件費を43億円→36億円までカットしている。
これにより、人件費比率の割合は前年度に比べわずか5ポイントしかあがっていない。6億円もどうやってカットしたのか、ぜひ知りたいものだ。
210704-03
概して、全体的に厳しい財務状態だ。
学納金の伸びはこれからも期待できない。色々と悪評がついてしまっていて、少なくとも国内の受験生にはそのイメージが定着してしまっている。となると、また留学生大量受け入れ作戦になるのだろうが、それもいつまでもつのやら・・・。

※おまけ

これ、本当にヒドイ話ですよね・・・。出身高校のランク別で学生を管理すること、まああるでしょう。でもそれは、内々でやることであって、学生にわかるようにしたらダメです。失礼すぎるでしょう。


文科省の養分政策は続く

大学入試センター、5.8億円賠償 英語民間と記述式見送りで


この記事では大学入試センター(文科省所管)が損害賠償として提携団体に約6億円支払ったとあるが、それより驚いたのがこの記述だ。

 記述式問題では、センターは23年度までの採点業務として、ベネッセホールディングス子会社の学力評価研究機構と約61億円の契約を締結。19年12月に見送りが決まったため、20年1月に契約を解除し、同機構に準備費用を損害賠償した。


学力評価研究機構・・・?しかも61億円って・・・。
210630-01

HPをたどってみたが、全く情報開示がない。こんなスッカラカンなHP久しぶりに見た。これほど公益性が高い機関なのに、なんの情報開示もないのですね。
210630-02
しかも募集職種に在宅て。共通テストの評価を在宅バイトに任せるつもりだったんですかね。
一体61億円もの委託費を、どのように使ったのか気になるところ。言えないですよねえ。全部正直に言ったら国民に怒られちゃうので。

いやあしかしベネッセさんはいい養分見つけましたね!うらやましい限りです。

文科省のベネッセに対する投げ銭は昨年12月にも起きている。
「Japan e-Portfolio」でピンと来る人がいるかもしれないが、ここでも謎の一般財団法人を作り、ベネッセに丸投げし、債務超過で認可取り消しというコントのようなことをしてみせた。ちなみに5000万円もの債務は結局ベネッセが負担したのか国が負担したのか不明。まあ、公表しないということは国負担なんでしょうね。


スタート1年、債務超過で即終了!「Japan e-Portfolio」

ややこしいわ!

どうやら調べてみると、完全中高一貫にするための高校受験(外部)の募集停止のようです。



そしてこの記事を見てふと思った。こういう歴史ある名門校の財務ってどうなんだろう、、、

それでは見てみましょう。
210614-03
まずこのホームページ。受験生に媚びないその古風なスタイルは、完全に名門のソレである。
210614-01
教育活動収支(本業)は毎年1億程度の黒字。全体の収支も同じく1億円程度で推移しており、安定した収支。しかしやはり中高のみでは黒字幅少ないですね・・・。
210614-02
ストックも中高のみ法人にはしっかり特定資産積立てを行っており、磐石。借り入れもそれほど多くなく、全体として良好な財務状態だ。全く問題なし。

しかしこれほど名門な所でも、安定してるとはいえ規模は小さいですね。これから私立中高も、生き残りをかけて大学設置法人と合併する流れは続きそうです。
中高だから設備等投資にそれほどお金がかからないとはいえ、これじゃあ大学付属のところと差がついていっちゃいますよ。中高のみでやっていく美徳もあるのでしょうか。
まあ、これだけのところになると、合併なんて話があると教員の猛反発があるでしょうが。

↑このページのトップヘ