なんで入学しねーのに入学金払わないといけねーんだよ!

学生の頃思ってたこと。

私の家は貧乏だったので、入学金をどこかに納めた状態で他を受け、他が受かったらそこを辞退する、なんて考え最初からなかったです。だって、入学金とられたままなんて、ムリゲーすぎる。




さて、入学金に関しては大学は返済義務なしの判例が出ているので、要旨を抜粋する。

・大学の入学試験の合格者が当該大学との間で在学契約又はその予約を締結して当該大学に入学し得る地位を取得するための対価としての性質を有する入学金を納付した後に,同契約又はその予約が解除され,あるいは失効しても,当該大学は当該合格者に入学金を返還する義務を負わない 



他にも色々と書いているが、ここでは入学金について「当該大学が合格者を学生として受け入れるための事務手続等に要する費用にも充てられることが予定されているもの」としている。

ここからはあくまで「大学側(特に財務的な観点から)」の立場として申し上げます。
大学は常に入学辞退リスクを抱えています。入学があった者は今後4年間、退学等しない限り学費を納めてくれるものと見立てて予算を組むのです。

大学受けてくれてありがとう、合格したから入学手続き金(学費含む)払ってね、それじゃ入学のための手続き進めるね。
え、他の大学受けたから他にいきたい?じゃあ在学しないし学費は返すよ。え、入学金も返せ?もう手続きしてる入学してくれるから入学金払ってくれたんじゃないの・・・。

これ、どっちが正しいですかね。
まあ、僕が学生の頃なら「それでも入学金返せ!」って叫んでたでしょうが。

だから、朝日の記事で学生は「入学金の納付期限を国立大の合格発表がある3月上旬か下旬に伸ばしてくれ」という要望だ。
でもね、大学から言わしたら「3月下旬まで入るかどうかわからない学生が一定数いる」というのはめちゃくちゃ怖いよ。なんせ、その人の分を見込んで4月の各種行事の準備進めないといけないんだから。だから、入学金を返還しないというのは強烈なけん制となる。
これが入学金も返すとなったら、グチャグチャになるでしょうね。

学生が意見するのはものすごく良いことだけど、それだったら大学だって反論する。消費者の意見だけ聞いていたら、メチャクチャな世界になってしまいますからね。
でも、こんな記事書くとメチャクチャ批判されるでしょうけどね・・・。

理由は支出減!


210527-01
旅費交通費は予算22億円に対して実際の執行額が2億と1割程度。恐るべしコロナ・・・。委託費も減っていますが、割合でいうと旅費交通費の方が圧倒的に大きいです。


210527-02
学納金も予算と20億円の乖離あり。主に留学生の減少によるものらしい。
早稲田でこれなら、留学生頼りの大学はどうなるんだ・・・。


210527-03
施設設備寄付金も12億円あり、最終的な収支は90億円の黒字!


210527-04
有価証券の含み益は344億円!前年度から約40億円の増加。ほんま株は儲かるでえ。

事業収支上の黒字は90億円、資金収支上は70円で、結果的に黒字となりました。
どこの大学もそうでしょうが、支出減による収入減カバーはあるでしょうね。定員割れが激しい所はそれ以上に収入源があり大変なことになるでしょうが・・・。それはまた、財務が公開されたらブログ公開します。

210501-01

ざっと見た感じ、まあまあ悪い感じですかね。運用資産(貯蓄)もそれほど多くないですし、赤字続きみたいなので、ちょっとテコ入れしないとあっという間にやられちゃうと思います。とりあえず小学校運営は限界なのでやめた方がいいかも・・・。
でも、取り組みが話題になってるのは聞いたことないのですね。話題になってたら耳に入ってくるので。

210501-02
ようこそ財務部へ。どうです、GWに出勤する気持ちは。
勉強しておくことは、間違いなくエクセルと導入している会計ソフトの知識でしょうね。仕訳とか財務諸表はソフトが勝手に作ってくれるので、それは良しとして、どう生かすかです。
伝票データを一気に出力してどうデータを作るか等、何かと分析することは多いかと思いますよ。ぶっちゃけ簿記の知識なんてなくても会計はできちゃいますしね。


210501-03
FF10は泣けますよ。

関係ないですが、最近ツイッターやNOTEで「就職相談のります!」「コレが大学職員の中身だ!」みたいなの増えましたね。
何度も言いますがそういうのとは適度な距離を保つべきですよ。有料のコンテンツを買うなんてもってのほかです。また、実際に会いましょうみたいなのも危険なのでオススメしません。合うなら複数人で、とかが良いです。

↑このページのトップヘ