なんだかネットが荒れている

どうやらNHKが外国人留学生の10万円給付に関するニュースが炎上しているようだ。



記事によると、
「今月末までに入国して大学などに在籍している外国人留学生のうち、新型コロナの影響でアルバイトに就けず収入が得られないなど経済的に苦しい状況にある人に、1人当たり10万円を支給することを決めました。」

これがどれのことを言っているのかがわからない。
おそらく、

学生等の学びを継続するための緊急給付金
220311
のことを指しているのだと思うが、これは元々留学生も対象であった。これを超え、さらに給付するというのであればこのニュースや批判は正しいだろう。でも、元々決まっていたことをあたかも改めて決めた、のような報道するのはいかがなものか。

何より、こんなことをしていたら平然と外国人留学生が憎悪の目で見られることを是としていることになる。

では、この緊急給付金はどのような中身なのか。熊本大学のページが分かり易いから、それを参照しよう。


1.対象者
在学する学部生、大学院生、専攻科生、別科生(私費外国人留学生は来日している方のみ)
★留意事項★  
・非正規生は、対象外です。  
・現在休学中、留学中の方も申請要件を満たす場合は対象となります。
・一次募集及び二次申請に申請し、すでに緊急給付金が指定の口座に振り込まれている方は、今回の募集には申請できません。  
・日本学生支援機構の給付奨学生で、すでに緊急給付金が指定の口座に振り込まれている方も、今回の募集には申請できません。

また、対象となる要件(多額の仕送りがないか、収入減が認められるか)も厳密に定められている。
これでも外国人留学生に10万円を支給するのは不当だというのであれば、まあそういう人なんだなあと思いますが・・・。
既存の日本人学生にも、「高等教育の修学支援新制度」でも手厚く支援しています。それでも、予算が余っている状態なのです。

まあ個人的な意見をいうと、東京福祉大学みたいなムチャしている大学は対象外としてほしいですけどね。


日本人、外国人問わず困窮している学生はドンドン申請してください。学生課に相談すればよいのです。



毎回色々な驚きを提供してくれる東京福祉大学。今度は「0科目入試」なるものを考案。これまでの入試の常識に捉われない、柔軟で革新的な発想だ。

実は最近自分が認識していないだけで、「一般入試で筆記なし」は結構あるんじゃないだろうか。そう思って調べてみた。

まずは山口県にある至誠館大学。
・後期日程
→小論文
→面接
→書類選考

後期日程において筆記試験なしのものを課しているようだ。やはり入試ピーク期の前期で0科目はない。なお、この大学の収容定員充足率は8割台だ。

その他収容定員がヤバイ大学を中心に調べたが・・・
例えば収容定員が4割を切っている愛国学園大学、収容定員6割台で財務もヤバイ稚内北星学園大学等、色々な限界大学を調べたが、「一般入試」で英語や国語を課さないというのは見当たらなかった。

東京神学大学というところが筆記なしでしたが、ここは特殊なところなので・・・。
もっと色々な大学を洗い出して「こんな一般入試やってるよー」で紹介する予定だったが、やはり一般入試で筆記無しはかなり特殊なようだ。

というか、それならもう普通に推薦入試の日程追加すればいいんじゃね?

しかし今の大学の状況を見ていると、変なプライドはかなぐり捨てて何でもやった方が生き残れるのは確実だ。
東京福祉大学の理事長はハーバード大学で客員教授を務めたこともあるそうだ。アメリカの大学に倣い、筆記なし入学試験を日本の大学で先駆けて行ったか。強いての違いは「SAT」や「ACT」に類するものすら受けさせず本当に書類選考で受け入れている点、ただそれだけの違いだ。




日本大学が2022年1月11日、文科省あてに提出した「学校法人の管理運営に関する対応及び報告について(回答)」にはこういった一文がかかれている。

「(5) 教職員の採用方針,人事考課制度等の在り方の検討公平で透明性のある採用,合理的な人事考課制度等を導入することにより,今後求められる人材の確保及びキャリア教育を充実させ,本法人の将来の礎とな る人材の育成及び仕組みを構築することとします。」

うおおおおおついに日本大学の教職員の門扉が外部にも開かれたぞおおおおお!!

日本大学はガッチガチの縁故採用でお馴染みなのはこのブログでも紹介した。



職員の募集要項にはこう書かれている。

① 大学の長等により推薦された者
日本大学競技部に所属し,優秀な競技歴を有し,かつ将来競技部の監督・コーチの後継者となることについて期待し得る者で,日本大学競技スポーツ審議会会長により推薦された者
日本大学任期制職員(一般職)にある者で,所属部科校長等により推薦された者

これを見る限り、外部の人間はかなり難しそうだ。



日本大学の賞与は6.55か月。

このブログでも紹介した通り、財務もかなり潤っている状態だ。



文系・理系学部に加え医学部から芸術学部まで、多くの利害関係が絡んだ超マンモス大学。
かなり大変な可能性は高いがその分報酬も良い。
来年度の職員募集、要綱が変わったらぜひ応募してみては?

↑このページのトップヘ