失うものが何もない無職の中年が一番怖い

当該ツイート、ゆるく拡散されつつあるので情報を整理しておきたい。

まず、このニュースで放送された「入学生」としてカウントされているのは
・大学
・大学院
・短期大学
・研究生
・留学生

の数値が「2036人」ということだ。
まず、「大学」の募集人員は1070人だ。


210410-01
「短期大学」は75人、「大学院」は46人。
「留学生」は定員が100人ほど設けているが、「日本人含む」と書いてありよくわからない。
210410-02
「研究生」を調べてみると「聴講生」扱いで、定員等は見当たらなかった。

ちなみに話題となった「留学生1600人失踪事件」で研究生等の受け入れ停止指導をしたはずだが、2021年度入学生にもしれっと入っている。

文科省さん、仕事してますか?


これらの数字全て足し合わせても、1200人ちょっとの定員だと思われる。
その定員から、2000人もの学生を受け入れるのは、普通考えられない。
なぜなら去年の入学者数は1120人で、現員も4269人なのだから。
いや、それをやってのけるのが我らが東京福祉大学なのだ。いったいこのうち、何人が留学生なのか・・・。

さて、なんでこんな問題が起きてしまうかというと、ひとえに文科省が甘いだからだ。政策を決めるのは政治家なので文科省としてできる範囲は限られているだろうが、そうはいってもこのような事態に陥らないように事前に準備しておくのが省庁
の仕事だ。
「専門職大学」等で新たな利権を作り、あたかも日本の教育のためにやってますよ感を出しているが、新しいことにしか目がいかず、こういう既存の制度がガバガバだから大学からナメられるのだ。

定員超過で有名なのは都築学園。過去には、都築学園の第一経済大学が定員の12倍に当たる5900人ほどの入学生を受け入れていたこともあったとか。



さて、少々トゲトゲしくなってしまったので余談だが...
このニュースを何も知らず無邪気に読み上げたアナウンサーは群馬テレビの三上彩奈アナウンサーだと思われる。青森育ちで群馬で奮闘する若手アナウンサーなので、皆さんぜひ応援してほしい。



毎年100億円

川崎医科大学を運営する川崎学園が毎年受け取る受取利息・配当益収入だ。
210331-01
※2016年・2017年の運用資産は推定値

驚くべきこの大学。3,000億円もの運用資産を持つ、最強の大学だ。早稲田大学は1,200億円ほどなので、その力が十分わかる。
学納金124億円、医療収入437億円だから、配当益100億円というのは収益の大きな柱だ。
余談だが同学園が所在する倉敷市の一般会計の予算はおよそ1900億円、税収が700億円ほどだ。もう倉敷を超えたといっても過言ではない。

210331-02

2019年度は、副業の儲けが本業の3倍近くになっている。
ただでさえ儲かっているのにも関わらず、副業も絶好調な様子。副業というのはもちろん受取利息・配当益収入のことだ。




なんなんだこの大学・・・と思っていろいろ調べてみると、このような記事が。
「…また20年現在、「最も高い医大」は川崎医科大学であり、学費は約4737万円で、偏差値的には医大ランキングの最下位に近い。」


付属高校を含めたトータル学費は、6,500万円かかるという。

やっぱり世の中金や!


倉敷にそんな金持ちがいるのか?いや、金持ちが倉敷に集まるのだろうか。
しかし、これだけの収益と貯蓄があれば、学費値下げしたって全然余裕なのに、やはりそこは医学部単科大学だからか。偏差値最下位に近いレベルでも、現状維持でOKということか。帝京は総合大学なので、その辺は複合的な要素で学費値下げできたのでしょうね。

いや~しかし、世の中には知らない所でガッポリ儲けている大学がまだまだあるのですね・・・。

ネットで取り上げたメディア、1件

3月27日午前時点YahooNewsで調べた結果、取り上げていたのは朝日新聞のオンライン記事だけだった。しかもこれは話題となった「入試不正問題」が主体であって、認証評価は付随されているだけだ。
基準協会と評価機構、合わせて今年度で100大学近くが大枚をはたいて受審したでしょうが...

その努力はな~んの話題にもなりませーんwww残念でした~www

せいぜい大学のHPで「認証評価の適合を受けました!」と載せるくらいでしょうか。でも、そんなの受け手はピンときません。
不適合となった大学は4大学、大阪観光大学、聖マリアンナ医科大学、種智院大学、東北生活文化大学。前者2大学は本ブログで取り上げました。




大阪観光大学はHPにて不適合となったことの報告。



別にスルーしておいても、世間は何も思わないのに、ある意味正直者だなあと思います。

その点、聖マリアンナ医科大学はHP等掲載せず徹底スルー。認証評価自体が不毛な業務であることを見抜いてか、一切触れず。代わりにトップページに「勤務犬モリス在宅勤務中」という記事を載せ、人々に笑顔を提供。



決して認証評価制度が犬以下と言っているわけではなく、今まで大した制度改革もせず形骸化してきた結果がコレなのだ。
未だにこんなのを一律で7年に一度課している現状を、
全国の大学は、もっと抗議して良いと思うんですけどね。
事務職員にとっては部分的に勉強になるところがあっても、これに付き合わされる教員はたまったもんじゃないでしょうね。

「働き方改革」と叫ぶのであれば、文科省は一度自身の業務を整理すべきです。仕事を細かくやることだけが仕事じゃないですよ、もっとシンプルに物事を考えてほしいです。

↑このページのトップヘ