黙って金を出す漢、永守重信

京都先端科学大学の2021年度決算が公開された。



京都先端科学大学といえば、2018年より日本電産の永守氏が就任、個人資産から100億円以上も寄付をすることを表明し有名となった。



京都先端科学大学の寄付金推移は以下のとおり。
220603-3
事業報告書によると、この寄付額のほとんどが永守氏個人からのものだとうかがえる。
2017年から数えて総額180億円ほど、凄まじい。

収入に占める寄付金の割合も高い。学納金割合は一般的に8割程度であるが、同大学は5割程度である。寄付金が大きく貢献している。

220603-4
寄付に伴い収支やBSも改善。逆に言うと寄付がないと厳しい。
220603-5
220603-6
永守氏が就任してから教育投資も激しくなった。

2019年:京都太秦キャンパス西館開館
2020年:同キャンパス南館開館、工学部・大学院設置。
2021年:京都光楠学園を合併
2022年:ビジネススクール開設予定。

これが民間のスピード・・・!世界の日本電産、永守流の経営である。これで京都先端科学大学はV字回復間違いなしだ。

この積極投資により、京都先端科学大学はどうなったか。

2021年度時点で、収容定員4000名に対して在学者数3611名。充足率9割程度の定員割れ。
特に2020年度開設した工学部がヒドい。400名の定員に対し在学者数が220名と、半分程度しか集まっていない。


これが硬直化した大学業界の序列じゃい!思い知ったか!!

いかに赤字垂れ流してるか晒したらぁ!

ブログを初めて2年ほど経つだろうか。大きく収益化はできずとも各SNSでゆるく拡散力をつけているという自負はある。

本当は(色んな意味で)ヤバイ大学が多いんだよという意味で始めた本ブログ。
始めたのはいいものの、赤字続きである。

そこで、日々の活動を記帳し、簡単な計算書類を作ることで読者にもこの困窮を発信できる。そう、諸活動を仕訳をすることで収益構造を公開するのだ!

本ブログの収益は主に以下のとおり
・Googleアドセンス収入(毎日)
・楽天アフィリエイト(月々)

本ブログの費用は主に以下のとおり
・作業代(カフェ代)
・パソコン等
・ブログ維持費(サーバー代)

・ワイの人件費(無償)

これらの活動を日々仕訳することで、(学)初台学園がどれだけ赤字学校なのかを晒したい。
(学)初台学園ってなんやねん、と思ったあなた。記帳するからには主体者が必要なので、仮にここでは「(学)初台学園」とします。

アドセンス収入は正確な数値を公表できないので、大体だと思っていただきたい。

「本当にヤバイ大学」を発信し国民に財務的な観点のチェックが働くような世の中にしたい。そういった理念から始まった(学)初台学園。

そんな(学)初台学園は初台氏から10万円の借入とノートPCの寄付を受け事業開始。果たして継続的な事業を達成できるのか?!

昨日分までの仕訳はこちら
※アドセンス収入はまとめて入金されるので正確には売掛金計上が必要だが、面倒なので毎日入金されていると仮定し計上。
220602-1
6/9は60円の赤字(現物寄付と借入除いた場合)。
6/9時点でのBSはこちら。
220601-2

どうかスーパー黒字学校になるまで見守ってください!

貧乏は文化を破壊する

5月19日、とあるツイートが突如として流れてきた。


どうやら大阪音楽大学で、楽器資料館の資料移管(+廃棄?)と閉館するという噂が流れているようだ。

楽器資料館は、「日本の伝統楽器」「ヨーロッパの楽器」「世界各地域の楽器」等、2,000点もの所蔵がある資料館だ。

220529-1
220529-2


その後、このツイート主に数々の情報提供があり、裏取りができたようだ。


まとめるとこうなる。
  • 現在の楽器資料館はまもなく閉館し(5月末の予定がSNSでの情報が拡散したため1ヶ月ほど延期)、8月から教室に変えるための工事に入る。
  • 現在の楽器資料館は教室に改修される。この教室は今年新設のミュージックビジネス専攻の教室として使用される。
  • 現在、展示されている楽器群は3種に分けられ、一部は学内の他所に移され、一部は移譲先を探して手放すことが今週初めて公式に説明された。しかし学生をはじめとして多くの教職員には何の告知もないままである。
  • 手放すとされる「民族」楽器の数量は千点近いであろう。辺境の地、戦争や紛争のため二度と入手ができない楽器も多く含まれるが、教室不足のために手放すことを大学は考えている。悪くすれば廃棄もありうる。

半分以上手放すのはワロタw

そんなことをしないといけないくら、経営に余裕がないのか。
相対的な財務評価は「音楽大学 財務ランキング」を参照されたい。


まずは収支。
220529-3
当然のように赤字。6年連続赤字である。運用資産の割に配当益は高いので、これにより経常収支は若干改善。人件費比率は61%と全国平均より若干高めであるので、収入に見合った人件費の見直しが必要である。

次はバランスシート。
220529-4
もっと過去のものを遡りたかったが、2015年までしか見られなかった。運用資産はそれほど変わっていないが、借入金が2倍近くになっているのが気になる。
運用資産余裕比率は1.5年分と全国平均を若干下回る程度であるが、そこそこに貯蓄はしている。

概して、大阪音楽大学の財務はあまり良くない事が伺える。もちろん、上野学園大学ほどではないが、放っておけば悪くなる一方なのは明らかだ。
収容定員926名に対して在籍者数826名と、まずは定員を充足させ収支を安定させることだ。場合によっては収容定員を見直し、適正規模を図ることが大事なのだ。

「新しく教室を作る」というために、資料館を潰す理由が分からないが、まあ反発を受けるでしょう。
経営サイドは目に見えないものに価値を置けない人が多いと思うので、ここはいかに関係者がゴネるかが重要だ。いいですか、上野学園大学の二の舞にならないよう、早めにゴネるのです。そして今の財務状態を客観的に評価し、見直しを行わなければなりません。


立ち上がれ、大阪音大生!そしてワイにも情報くれ!


全くの余談ですが、新しい教室は財務がひっ迫していることを勘案しクラファンするか、資料館を有料にするってのはどうでしょうか?

↑このページのトップヘ