底辺大学は震えて眠るしかありません





愛国学園大学の2022年度入学者数が早々に公開されていた。

同大学と言えば、本ブログでも扱った「外国人留学生が9割」の大学だ。



留学生が完全にストップしてしまったからなのだろう、化けの皮が剥がれた感じだ。

まず、入学定員100名に対し2022年度は11名の入学であった。
220526-2
そして2022年度時点での在籍者数は99名。収容定員充足率24.8%だ。
220526-1

2018年からの入学者推移は以下の通り。綺麗な右肩下がりで、かなり苦しい。
220526-3

前述のブログでも述べていますが、そこまでして無理やり大学運営する必要あります? なぜなら、愛国学園大学は財務は良好。

220527-1
220527-2

一部不明な数値がありますが、教育活動収支(本業)で赤字は出ているものの、投資活動により利息収入だけで5億円ほど収入があるため、経常収支では黒字に。
それもそのはず、この規模にしては多額の300億円近い運用資産を持っています。その他流動資産の内訳がわからないため、おそらくこの中に有価証券がありますが、額がわからないため除外しています。
運用資産余裕比率は驚異の11.5年分。働かずして11.5年分もニート生活ができるくらいの貯蓄があります。少なく見積もって。
教育活動収支で赤字が出ているのは、まあ間違いなく大学部門が原因でしょう。中高に影響がでないよう、とっとと撤退した方が良いと思いますけどね。

もうこれ以上若者を犠牲にするのはやめてください


2023年、東京都渋谷区に「渋谷女子インターナショナルスクール」が開校する。
220522-1
文科省によると、インターナショナルスクールとは、
主に英語により授業が行われ、外国人児童生徒を主な対象とする教育施設


渋谷女子インターナショナルスクールでは、起業家コースやグローバルインフルエンサーコースなどに分かれており、動画制作授業やネイティブによる英会話があるそうだ。
講師はそうそうたる面々で、モデルのゆうちゃみ、思春期録編集局長の大北 友紀乃氏、Tiktokerのりょうくん等が名を連ねる。

学費は以下の通り。

入学金:150,000 円
教材費・施設設備費:150,000 円
行事関係費:90,000 円
授業料:900,000 円
初年度合計:1,290,000 円

授業料90万円は、明らかに他の高校と比べても高い。中央大学や青山、成城の付属高校であっても90万円未満だ。一般的なインターナショナルスクールならまだしも、このバリバリ日本語のスクールにそこまで払うのはかなりの賭けだ。
※無認可の高校は各種税金が普通に課税されるため、やはり学費の面で高くなってしまう。

これとは別に、「提携通信高校」の学費がかかってしまうようだ。文科省の認可を受けていないのだから、高卒資格を得るためでしょう。なので、「塾」のようなイメージでしょうか。一般的なインターナショナルスクールも無認可校があるみたいですね。

いいですか、もしこれを見ている中学生の方がいたら(いないと思うが)、よく聞いてください。
15歳~18歳というのは、自己を形成するうえで非常に重要な年齢です。高校というのは生活の主体となり、今後の人生に大きな影響を与えます。だからこそ、高校選びは慎重になるべきです(というか、ここは高校じゃないが)。
何も実績がなく、一般的な大人が見て違和感を感じるスクールに飛び込むことがどれくらいのことかわかりますか。
ここにいる講師陣は、第一線で活躍されている素晴らしい人たちなのでしょう。でも、彼らは貴方たちの人生に責任は持ちません。いくらスゴイ人間が教えたところで、実績がないのであれば無意味です。彼らは個々の業績において実績があるだけで、「教える」という立場での実績はないのです。それくらい、教育というのは難しいのだと思います。
そういった意味で、「とりあえず実績のあるところに行く」というのは至極全うなのです。
普通科高校に行くのもよし、高専に行くのもよし、日本で長くやっている「一般的な」インターナショナルスクールに行くのもよし。

このスクールを否定するわけではありませんが、好きなことなんて空いてる時間にやれば良いのです。高校生活全てそれにする必要はない。
いいですか、進学は良く考えて、慎重に行ってください。

正しく物事の分別がつかない子をよくわからない所に迷い込ませる。これほど罪なことはありません。文科省肝いりの専門職大学ですら、もうグチャグチャなのですから。


なんでまだ女子大なんてやってんすか?


2023年4月 男女共学に関するお知らせ(構想中)

神戸親和女子大学が2023年4月に共学化をするそうだ。
同大学は1966年開設、2学部と1研究科を持つ単科女子大学だ。2021年5月時点での学部充足率は89.5%。2021年度入学は415名の定員に対し290名の入学者と、かなり危機的な状況だ。

財務はどうか。
220519-1
2005年に比べ運用資産は30億円近く減少。借入が運用資産を上回るヤバイ状態に。経常的な支出に対してどれだけの貯蓄があるかを見る指標「運用資産余裕比率」はマイナスの値に。かつては多くの有価証券を保有していたが、今では0。そんなものにお金を回している余裕などないのだ。

収支も赤字安定。確認できる2016年からずーっと赤字だ。これだけ定員割れを起こしているのであれば仕方がないが、この状況はしばらく続くであろう。
220519-2

2019年に共学化した広島文教大学は、2020年度決算において約5年ぶりとなる経常収支差額黒字を達成した。一方で上野学園大学のように共学化しても廃校に追い込まれる大学もある。



単純に考えれば今まで女子学生のみだったマーケットが男子も入って2倍になるのだからボーナスタイムだが、果たしてうまくいくのか。

↑このページのトップヘ