カテゴリ: 大学の財務

その発表はあまりにも突然だった。文部科学省のホームページに、「認可取り消し」の文字が飛び出した。

「 「JAPAN e-Portfolio」の運営許可については、一般社団法人教育情報管理機構に対して「許可(条件付き)」していたところですが、…(中略)…審査等も踏まえて、文部科学省において運営許可要件を満たさないと判断したことから、令和2年8月7日付で許可を取り消すこととなりました。」

これは、要するに「債務超過なので運営できませんのでやめまーす」というわけだ。JAPAN e-Portfolioの詳細は他サイトに譲るが、簡単にいえば調査書に書かれているような各種データをインターネット出願に連動させるためのシステムだ。

それではどういった財務状態だったのか、教育情報管理機構のHPに載っている2019年度決算報告をみていく。

まず、2020年3月末時点の貸借対照表だ。
資産の部は流動資産の現預金1,595千円のみ。
負債の部は流動負債(1年以内に返済しなければならない負債)が55,000千円と未払い消費税404千円と、いきなり53,806千円の債務超過。
こんなシンプルに債務超過出しているバランスシート、なかなか見られない滑稽なものだ。

EB856DA8-E2CD-455D-898C-65037975DFFE
それでは一年間の活動の中で、どのように債務超過を出したのか、収支決算書を見てみよう。
まずは収入の部。
大きな収入を見込んでいた一般会費。予算の段階では60,000千円の収入を見込んでいたが、結果は6,800千円と、▲50,000千円以上もの乖離。
それに連動しデータ利用料も予算40,000千円から決算では5,000千円と35,000千円もの乖離。
そのほかも見てわかると思うが、とにかく予算で組んでいた見込みを決算で達成しているものが少ない。予算より多いものは、講演収入と連携開発費(なんだこれ)だけだ。
全体で152,561千円もの収入を見込んでいたが、結果はその半分にも満たない66,547千円。あまりにも予算の見通しが甘すぎる。

支出の部を見てみよう。システム運用経費を110,000千円で予算で組んでいたが、実績は55,000千円。注釈を見るに分割払いをしたようなので、あまりにも収支が合わなくて支払いを伸ばしてもらったのだろう。なんせ、消費税すら支払いが怪しいのだから。

これにより、2019年度決算は53,809千円の赤字でフィニッシュ。
結果として、50,000千円以上の負債と110,000千円かけて作った今後誰も使用しないシステムだけが残った。

6EEDEC3E-03A5-4026-9469-21D5D08E7306
気になるのは、この負債誰が引き継ぐのかということだ。
同法人の定款によるとこう規定されている。

「第59条  この法人が公益認定の取消しの処分を受けた場合又は合併により法人が消滅する場合には、社員総会の決議を経て、公益目的取得財産残額に相当する額の財産を、当該公益認定の取消しの日又は当該合併の日から1カ月以内に、公益法人認定法第5条第17号に掲げる法人又は国若しくは地方公共団体に贈与するものとする。ただし、その権利義務を承継する法人が公益法人であるときを除く。」

わかりにくいが、要するに解散するときの財産(この場合負債)は国又は類似の事業をする法人(学校法人や独立行政法人等)に贈与することになっている。みたところ株式会社は引き継げなさそう。このシステム、どこに発注したかわからないが、この事業にかかわったベネッセは無傷で済んだわけだ。この負債、税金で処分したのかな?そのあたりの説明もすべきだと思うが、たぶんなかったことにされるだろう。

大学入試改革の深き闇…「Japan e-Portfolio」中止騒動がキナ臭すぎる
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/75062?page=3

この記事によると、同機構はシステム運用をベネッセに「再委託」したらしい。
ベネッセさん、チョロイ顧客相手に儲かりましたね。

ハッピー・サイエンス・ユニバーシティという機関をご存じであろうか。一時期は大学に昇格する予定であった、私塾だ。私塾といえど、あなどってはいけない。
場所は千葉県長生郡長生村という謎の村。周りには何もない。何もないところに豪奢な建物がポツンとあるのだ。





これである。どこの宮殿かと思うだろうが、ハッピー・サイエンス・ユニバーシティなのだ。
こんな豪奢な建物、どうやってお金を捻出しているのだろうか。財務諸表を見ていきたい。

先に書いておくが、同学園の設立は平成20年、写真で見た建物の設立は2005年なので、当時またはその前の財務書類は参照できない。その当時に相当額のお金が動いたと思うがそれは追えない。公開してある平成24年以降の財務書類を見ることになる。

学校法人幸福の科学学園「財務情報」


同学園は2020年3月末時点の運用資産が特定資産504百万円、現預金7219百万円と、中高しか持たない学園にしては多いほうである。この規模に比べ、毎年恐ろしいほどの寄付金が入ってきている。2012年からの寄付金収入をみていきたい。

2012年: 6576百万円(施設:3592百万円)
2013年:11798百万円(施設:1909百万円)
2014年: 1181百万円(施設:8776百万円)
2015年: 2303百万円(施設:2542百万円)
2016年: 1145百万円(施設:  40百万円)
2017年:  857百万円(施設:  82百万円)
2018年: 1000百万円(施設: 100百万円)
2019年: 1112百万円(施設:  35百万円)

8年間で総額25972百万円もの寄付である。その寄付を何に使っているかというと、施設関係支出が目立つ。2012・2013年は大学の認可申請の直前であったため、また、関西に新しく中学高等学校を開設するため、特に多額だ。2016年以降は控えているみたいだが・・・。
おそらく、この私塾の建物を建てるときは、こんな金額では収まらなかったであろう。
ちなみに早稲田大学の2019年度の寄付金収入は2813百万円程だ。おそらく寄付募集にかかる経費や手間は早稲田大学の方が圧倒的にかかっているだろうから、驚くべき集金力だ(というか、幸福の科学の資金力)。

この学園も、寄付がなければ赤字となる。各年度の収入に占める寄付金の割合を見ていきたい。

2012年→64%
2013年→65%
2014年→4%(ただし、特定資産を7453百万円ほど切り崩している)
2015年→19%
2016年→15%
2017年→10%
2018年→11%
2019年→11%

このように、かなり寄付に頼った収益構造になっている。幸福の科学はこれだけお金をかけて、結局ハッピーサイエンスユニバーシティが大学認可にまで至らなかったことに何も感じていないのだろうか。
同学園は積極施設設備投資にもかかわらず、2015年を除きずっと黒字だ(寄付収入によるものが大きいからだが)。
開設予定だった学部は「人間幸福学部」「経営成功学部」「未来創造学部」「未来産業学部」であった。これをどう評価するかは皆さんにおまかせするが、そこらのヤバイ大学よりかは「財務的には」安定しているということになってしまう。2014年不認可、2020年認可取り下げとなった同学園。今後も申請し続けるのだろうか・・・。

2008年、福岡県みやま市瀬高町に1つの私立大学が誕生した。保健医療経営大学だ。保健医療経営学の学士が取れる日本唯一の大学という触れ込みであったが、開学以来定員を充足したことは一度もない。ちなみに初年度入学者数は27名であった。2013年に定員を150名から80名に変更、2015年には日本高等教育評価機構から「不適合」判定を受ける。
そして2019年5月、ついに2020年度より学生募集停止を発表。2023年に法人解散予定であることを発表した。

保健医療経営大学 学生募集停止のお知らせ

何がダメだったかというと定員を充足するほどの魅力がなかったのが問題だが、それに連動して財務もヤバイことになっていた。

2020年3月末時点での貸借対照表を見てみよう。
特定資産は当然0。現預金23百万円、有価証券なし。運用資産は23百万円の現預金のみだ。
2019年度は、全体の資金収支で▲221百万円もの赤字であった。これでは来年はやっていけないであろう。

keiei01
keiei02
※保健医療経営大学「情報公開」より
 http://www.healthcare-m.ac.jp/university/finance/


ちなみに赤線が曲がっているように見えるが、線が曲がっているのではなく掲載されている計算書自体傾いているのだ。何を言っているか分からないかもしれないが、経営が危ない大学ほど、よくPDF写しを傾けて掲載するのだ。

2016年からの経年で、教育活動資金収支と全体の資金収支を見ていく(カッコは全体の資金収支)。

2016年:+66百万円(+45百万円)→2億円寄付により黒字
2017年:+93百万円(+71百万円)→2億円寄付により黒字
2018年:+112百万円(+91百万円)→3億円寄付により黒字
2019年:▲204百万円(▲221百万円)→寄付打ち切りにより赤字

keiei03
keiei04
keiei05

以上のように、寄付によりなんとか経営を維持していた。同大学の大元は、「社会医療法人雪の聖母会」というところであり、おそらく寄付のほとんどがこの医療法人から受け取っていたものであると推察できる。
ちなみに2018年度の教育活動資金収入における寄付の割合は65%という異常事態。

寄付金収入も「教育活動資金収入」に計上されるため、同大学は教育活動資金収支差額も黒字だったのだ。
しかも、2018年度末まで1350百万円もの借入を行っていたが、返済能力もないということで翌年度に債務免除。
医療法人からしたら、とんでもない赤字を垂れ流し続けた大学だった。

学校閉学まで残り2年ほど。医療法人からしたら、頼むからあと2年赤字幅を縮小してくれというのが本音だろう。なぜなら、赤字分補てんしなければならないのだから。

まとめ

  • ずっと収容定員未充足で、医療法人からの寄付でなんとかやっていけていた
  • その後も赤字続きでついに寄付打ち切り、債務残高も1350百万円あったが、返済能力がないということで債務免除

エリザベト音楽大学をエリザベス音楽大学だと勘違いし、エリザベド音楽大学なんだと思ったらエリザベト音楽大学だったくらい、音楽には疎い。
そんな自分でも、聞いたことがある音楽大学がある。上野学園大学だ。
盲目のピアニスト・辻井伸行氏を輩出した、あの大学だ。

そんな大学が2020年7月に突然、大学部門の学生募集停止を発表した。都内という恵まれた立地にありながら、1958年から続いた歴史は突然の終わりを告げた。



ちなみに短期大学と中学高等学校の募集は引き続きするそうだ。それにしても突然の募集停止、いったい何があったのか。
ホームページには

「少子化や社会情勢の大きな変化の中、様々な改善策を試みましたが、
大学部門の厳しい状況に変わりなく、募集停止に踏み切らざるを得なくなりました。」

とあるが、本当にそうなのか。財務からその内情をみていきたい。

先ず押さえておきたいが、上野学園大学はご多分に漏れず定員未充足大学だ。2020年度における学部収容定員充足率は50%と、ここ数年50%台で推移している。
2020年3月末の貸借対照表において、特定資産は122百万円、現預金221百万円と、事業規模に対して極端に少ない状態。その他有価証券を持っているかは不明。

94A97FEA-4EC7-43CD-8E44-1E00EE06DA1C
※上野学園大学「事業報告書・財務諸表」より
 https://www.uenogakuen.ac.jp/university/about/disclosure/report.html



2019年度決算において教育資金収支差額で▲184百万円も赤字を出しているので、現状の運用資金では借入や資産売却をしない限り、2年ともたないことになる。後述するが、同大学は過去4年でめちゃくちゃ大切な資産を売却しまくっている。
ちなみに全体の資金収支は48百万円の黒字となっているが、これは借入金収入430百万円があったからだ。

 C77B53AD-8FFE-4974-996D-2295E8233526

2016年からの教育活動収支をみてみよう(カッコは全体の収支[基本金組入前当年度収支差額])。
いつもは「資金収支」を見ているのだが、活動区分ごとの資金収支が公表されていないため、事業活動収支で見る。事業活動収支は、減価償却など非資金性のものも含む収支だ。
uenogakuen
以上のように、教育活動収支は4年連続赤字で、絶望的な状態だ。ちなみに2016年に全体の収支が黒字なのは、バッハの自筆楽譜を売却した収入があったからだ。
また、特定資産と現預金も合わせて350百万円ほどしかないため、これからも同水準の赤字が続けば、資金が尽きてしまう。

さらにこの4年で、資産売却も積極的に進めている。過去4年の資産売却収入をみていこう。

2016年:407百万円→草加土地やバッハ自筆楽譜売却等の資産売却
2017年: 43百万円→草加校地で保留していた資料の売却
2018年:112百万円→草加市に郊外型学園として使用していた校地・校舎を売却
2019年:0.25百万円→ピアノの売却

僕は音楽に詳しくないのだが、バッハ自筆楽譜って売却していいのだろうか。しかも草加校地の資料も売却してるし、何か大切なものを大きく失っている気がする。
ていうか、2019年のピアノ売却0.25百万円て。

こういった音楽大学にとって大切な資源を売却する局面である財務状況だから、大学部門は閉じざるを得なかったのだろうが、それにしてもあまりにもひどすぎる財務状況だ。まず、収容定員を充足する手立てははなかったのか。色々と疑問が残る大学部門の募集停止だ。
大学にある資産、とりわけ教育学術的な無形資産の継承は、こういった芸術界隈においても非常に慎重に行うべきである。この大学が開学以来培ってきた技術・人財といったものは、このずさんな経営で立ち消えることとなった。

ちなみに同大学は2016年に文科省に第三者委員会の設置を要請されていた。
その後設置された委員会によると、理事長ら石橋家への過剰報酬、身内で固めた株式会社への不透明な業務委託による利益相反等を報告している。
また、残業代未払いによる教職員組合との裁判があったり、法人に反旗を翻した教員を解雇したりと、色々と問題を起こしていた。





エリザベト音楽大学のように、きちんと貯金をして堅実経営をしていれば、こんなことにはならなかったのだが・・・。



まとめ

  • 上野学園はここ数年ずっと定員未充足で、2020年度学部充足率は50%
  • 赤字続きで、バッハの楽譜や校地校舎を売却するなど、苦しいお財布事情
  • おまけに運用資金は350百万円ほどしかなく、教育活動資金収支差額▲184百万円に対し、2年ともたないような運用資金状況
  • 2019年にピアノ売却して0.25百万円ゲット


松本歯科大学をご存じだろうか。僕は知らない(なかった)。
名前から連想する通り、長野県にある歯学部単科大学で、松本市よりは少し離れたところにある。


学部収容定員充足率が76%ほどで、そのうちなんと188名が留学生だ(在学生数が544名なので、およそ35%が留学生)。
別に留学生が多いからってなんてことはない。国際化に貢献しているし、留学生をいれてでも定員充足できてないのも、まあ仕方ない。

問題は財務だ。
参照できる一番古い2016年度財務書類によると、特定資産706百万円、現預金1,466百万円もあった。
そして教育資金収支差額(本業収支)は▲456百万円、全体の資金収支は▲242百万円となっていた。
1C2F956F-1AE3-4350-96B4-3C0A45B7627A
※松本歯科大学「情報公開」より
 https://www.mdu.ac.jp/outline/public_info/disclose.html


それが2019年度決算になると、特定資産106百万円、現預金679百万円と激減
1658876E-48C9-4A6D-993C-3D79C2F185CD
言うまでもなく運用資金は、現預金+特定資産+有価証券で構成される、重要な指標だ。 
なぜ、これほど激減したのか。2016年~2019年の教育活動資金収支と全体の資金収支をみてみよう(カッコは全体の資金収支)。

2016年:▲456百万円(▲242百万円)
2017年:▲327百万円(▲329百万円)
2018年:▲279百万円(▲271百万円)
2019年:▲ 95百万円(▲ 57百万円)

一見2019年度は収支が改善しているようにも見えるが、これは特定資産の各種積み立てを取り崩したことにより、見かけ上の資金収支が改善しているだけだ。
この4年間で、特定資産が600百万円も、現預金が800百万円も減ったのはこのためだ。施設設備等投資も重なったのも原因の一つだ。カッコの赤字分が実際に流出したキャッシュであり、この4年間で900百万円ほど減ったのだから、そりゃ特定資産の取り崩しが必要になる。
しかし気になるのは受取利息・配当金収入だ。2019年度は88百万円と、運用資金に対して10%ものインカムゲインがあった。一体どこにお金を預けているのだろうか・・・。

良く見積もっても、これからも毎年100百万円ほどの資金収支赤字が出るだろう。そう考えると、もってあと8年。その間、施設設備等を売却するだろうから、10年ちょっとはもつだろうが・・・、と個人的に見ている。
2020年度はコロナの影響で外国人留学生も減るだろうし、それにより定員充足率が減り補助金も減るだろうから、かなり困難な決算が予測される。
東京歯科大学は早めに合併を申し出た。松本歯科大学、さあどうする。というか、引き取ってくれるところはあるのか。

↑このページのトップヘ