カテゴリ: 雑記

なるべく原始的な生活をする

最近、コレ系の本を結構よくみかける。そして共通して言っているのは、とにかく原始的な生活を意識し、デジタルデバイスから意識を遠ざけることだ。
携帯はしまう。デスクの見えるところに置くことすらダメだ。視界に入ってしまうだけで、集中力が奪われてしまう。音出すなんてもってのほか。
最近、集中力を阻害するものが増えてきている気がする。SNSなんて典型だ。最近力入れてやるようになってわかってきたが、とにかく人のやることに文句をつけたい暇な人が多いため、構ってるだけ無駄だ(同じIPアドレスでうちに批判コメント何度もしてる君、君だよ!)。程よく距離を保つ力が必要だ。
マルチタスクになってしまう場面も増えた。 何か作業している間は、ブラウザは閉じたほうが良い。とにかく目の前のタスクに集中することだけ意識するのだ。
これ、意識してやってみると結構良い。没頭できるくらい物事に集中できるようになったし、効率もあがったように思える。事務作業に限らず、ぜひ意識してみてください。

集中」で思い出したが、最近ボクがよくツイートする東京福祉大学の中島恒雄総長の研修に対する感想文にも「集中」という単語が良く使われている。




東京福祉大学学長補佐
元東京福祉大学学長
元筑波大学第二学群長
元筑波大学第二学群人間学類長
元筑波大学心理学研究科長
元学習院大学教授
日本認知心理学会初代理事長
教育学博士
太田信夫(原文ママ)先生など、一つの感想文に5つも「集中」という言葉を用いている。東京福祉大学は肩書を経歴書のように書き連ねるのが特徴だ。

ちなみに同大学は、総長に権力が集中していることが問題視され、先般の問題を引き起こしてしまったとされているが、大学側はそうは思っていないようだ。きちんと目の前の問題に集中して向き合い、説明責任を果たしてほしいものだが・・・。

煽り抜きで聞きたいのですが、これらが役に立った!って人います?

ざっくり言うとFDは教員向け(大学教員の教育能力を高めるための実践的方法)、SDは職員向け(教育研究活動等の適切かつ効果的な運営を図るため)らしいのですが、これってそれぞれやればいいんじゃないですかね。最近は教職協働の名のもと、教職員合同のFDをやってるらしいです。
この協働FD的なのは参加したことありますが、はっきり言って意味ないです。教員と知り合えたのはよかったですけど、それ以外は本当無意味です。それだったら普通に飲み会やったほうがいいです。

特に後者、SDって要するにエクセル・パソコン講習会みたいなことやると思うでしょう?でも違うんです、ここでも教育論的なものを語り合う研修会になってしまうんです。それを職員で話し合って、何かなりますか?結局のところ最終決定者は理事長ですからね。
そういう現実に目を向けないで、ロクにパソコンスキルもない職員が溢れかえり、理想論語ってる人が多い気がします。
例えばシステムエンジニアやってる人で、「SD的な制度が必要」となりますかね。ならないでしょう。なぜなら自分から勉強して新しい知識つけていかないと、仕事に追いつけなくなるからです。
IRもそうですが、文科省がやれといって導入されるものって、ロクなものがないんです。

大学事務職員だって、各種業務のペーパレス化やRPA導入、個々のOA機器スキル向上をとっととすべきなのにそれには目を向けないのはなぜかな、と思ってしまいます。


現実に目を向けましょう。


はっきりってあなたの教育論なんて誰も興味ないです。いや、お酒の場で語り合うくらいならいいでしょう。
でも今やるべきことは業務効率化です。さっさと仕事切り上げて家に帰って時給単価下げてください。残業されると迷惑なのです。
よく「この部署は俺がいないと立ち行かなくなる!」と言っている人がいますが、それは間違いです。あなたの仕事を属人化してしまっており、引き継ぎ書も作らず誰も手がつけられないようになってしまっているだけです。

それなりに大学職員やっているとわかるでしょう、自分の権限の無さに。教員だって所詮は個人事業主、協働なんてしようとするからおかしくなるのです。お互い見切りつけて、割り切ってやる方がよほど健全だと思います。

別記事でも書きますが、認証評価と似たようなものです。文科省が押し付ける理想にまじめに付き合おうとすれば、破滅に向かうだけです。あの制度で旨みを享受できるのは、新たな出向先や天下り先ができた役人ですからね。無能な大元締めは、基本怒らせない程度に無視しましょう。


落ちますよ。


大体、そういうのってテンプレートでしょ。僕も転職の時にそういう検索をしたのですが、全体的に薄っぺらいんですよね。「標準レベルにもっていく」という点では良いのかもしれませんが、面接のときに整合性とれなくなるからやめた方がいいですよ。
今大学職員だよ、という皆さん。自分の履歴書コピーみてください。「 (ノ∀`)アチャー 」って感じの文章じゃないですか?僕はちょっとアチャーでした。

他から借りてきた文章って、「覚えなきゃいけない」と脳にプログラムされてしまうから、それを口に出して話したとき、相手に響かないんですよね。
何度も言いますが大切なのは面接。よほどおかしな文章書いてなければ、志望動機なんてなんでもよいのです。それより、ケアレスミス(日付違い、漢字違い、字の汚さ)をなくしましょう。そっちのが見られます。

面接でとにかく相手を和ませる、笑わせるくらいの勢いで明るく振る舞う。そしてハキハキ喋る。理屈ではなく「あの人なんかいいね」と思わせるのです。
何度も何度も何度も何度も自問自答を繰り返し「志望動機」を深堀するのです。なんでも答えられるようになる。そして業界研究キッチリやってればOKです。簡単。

一応財務系ブログなのでそれっぽいこと言っておくと、今は本当に財務的に見て将来無くなっちゃうだろうな、という大学はいくつかあります。
そのまま潰れるかもしれないし、運よくどこかに拾われるかもしれない。それはわかりませんが、そういう大学であっても志望する場合、相当な覚悟が必要だと思います。
例えば大阪観光大学は民事再生を申請しましたし、上野学園大学は大学部門を閉じました。こういう組織の教職員は、非常に苦しい立場だと思います。




地方の大学で潰れそうになると、意外と「公立化」という話になったりするのでこれもまたわかりませんね。今でいうと徳山大学がそうですね。



とにかく、有名大学に受かれば(よほど運よくないと無理でしょう)万々歳ですが、それ以外の中堅未満の大学を志望する人は、かなりの危機感を持って挑んだ方が良いです。

弁護士・医師と並ぶ日本三大難関資格、公認会計士。医師と違って普通に暮らしていればあまり接することのない職業だし、弁護士のようにマンガやドラマの舞台となることもない、公認会計士。企業の会計監査(財務諸表監査)を独占業務としており、この人たちがいないと企業運営は成り立たない。

何気なく東京女子大学の採用ページを見ていたところ、気になる記述が。



210208-1

「公認会計士として監査法人に勤務しておりましたが」


大学職員の志望動機として、これほどのパワーワードはそうあるまい。
大学職員は、その待遇の良さからいわゆる高学歴の人は集まるが、その職務範囲の制限(というか狭さ)により、専門性の高い資格を持っている人には敬遠される。要るするにせっかく良い資格もってるのに書類整理や各種調整なんてもんに時間を費やしたくないのだ。

一般企業であれば、お抱えの弁護士や公認会計士はいるであろう。でも、こと大学職員において弁護士・公認会計士の資格を持っている人はそうそういないであろう(税理士はたまに聞くが)。

しかし東京の大学ともなると、公認会計士を職員として置くぐらい人材が集まるのか。いや、これを職員採用ページにあえて置くということは、これくらいのレベルの人じゃないと採用しませんよという強烈なけん制か。

この「先輩職員紹介」のページを見てみると、将来的に独立するにあたって学校法人専門の監査法人にしたいのでとりあえず入職したようにも読める。何せ大学相手だと儲かりますしね。そういう意味では、賢い選択だろう。

一応財務分析ブログなので東京女子大学の分析をしようと思ったが、書くまでもなく悪くない状況なので、省略します。

皆さんの周りに、「こんな難関資格持っている大学職員いるよ!」という人はいますか。

先日何気なく書いたツイートが結構リツイートされたので、




文科省内の他の課はどういう条件で非常勤を募集しているのかを漁ってみた。

まず、一口に文科省といっても組織は多岐にわたる。全ての採用情報をお伝えするのは困難なので、抜粋してみていく。
210205-1
文科省HPより(https://www.mext.go.jp/b_menu/soshiki2/04.htm)


まず、研究振興局
研究振興局
ここは一太郎を必要としていないようだ。ヨカタ。


次に、会計課
会計課
ここも一太郎の記載はない。さすが計算処理能力が問われる部署、一太郎などという文章作成ソフトに費やす時間はないということか。


続いて、国際課

国際課
一太郎キタ―――(゚∀゚)―――― !!

誤解の無いように言っておくが、この部署は「日本型教育の海外展開推進」をする部署だ。一太郎で日本型教育発信!
しかし世界広しといえど、CEFRと一太郎が同列に並んで募集している機関、そうそうないだろう。
ちなみにこの募集は時給3千円近くと高給。一太郎と英語が得意な方は、ぜひ応募してみては?


続いて「組織風土改革・業務改善アドバイザー」
組織風土改革・業務改善アドバイザー
さすがに業務改善アドバイザーで一太郎はないか。マクロを含め最近よく聞くRPA等に精通といったスキルが求められる。ちなみに時給2千円近く。
この職種で採用された人は、職場内で一太郎を使っている人をみてどう思うか。

ちなみに、こんな募集もあった。
研究開発局原子力損害賠償紛争和解仲介室福島事務所県北支所


研究開発局原子力損害賠償紛争和解仲介室福島事務所県北支所
一太郎マタキタ―――(゚∀゚)―――― !!

和解の文章送る際、一太郎で送っちゃったりするんでしょうか?


その他、いろんな部署が募集していたが、一太郎を資格に書いていたのは、大体半分くらいでしょうか。
散々茶化しちゃいましたけど、ただバカにしたかったわけではありません。
一太郎の性能云々を言うつもりないですし、資格にあえて書くということは実態として一太郎を使用している人が一定数いるのでしょう。
でも、それを全世界の人が見るインターネットで書くことで「バカにされるかもしれない」という感覚がないと、それはヤバイですよと思う。


前回もツイートしましたが、Youtubeにアップロードする動画を、会議のモニター画面を直撮りというパワープレイで乗り切ったり、そういうことしちゃうと「どう思われるか」をもっと意識した方が良いです。日本の教育研究を掌る機関なのですから。




忙しくて色々仕事が雑になってしまうと、こうやって底辺ブロガーにバカにされてしまうわけです。
しかし、文科省がこれほど一太郎に拘るということは、何かあるのかもしれない。「一太郎ってこんなにすごいんだよ!」というのがあればコメントお願いします。


ちなみに文科省の採用情報は公式HPから「採用について」で検索すれば出てきます。


↑このページのトップヘ